日常と娘ふたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔取ったナントカ

<<   作成日時 : 2007/09/14 21:41   >>

トラックバック 0 / コメント 14

きのう。
休み。妻は夜勤。
来月から経営形態が変わるわが社。
労使の間での、いろんな取り決め・協定がやまほど!

10時から書記局へ。
11時から会社側と協議の場へ。
協定の締結日を探る。

妻は15時過ぎから仕事。
夕食の準備がなかったので、外食「○ッパ寿司」へ行くことに。
その前に、お風呂を沸かして、子供たちを入浴させる。

平日・給料日前ということで、ガラガラ!
子供たちは、順番を書く用紙に名前を書こうとしたけど、すぐに案内される。

人が少ないせいか、マグロなど色の変わりやすいものは、なかなか流れてこない。
19時を過ぎると、やや席も埋まってきた。すると、今度はどんどんと流れてくる。
3人で2200円くらいだった。
外食の中では、安く上がるほう。一番はラーメンだけど・・・。

まあ、しばらくぶりだったので、おいしく食べられる。
子供たちは21時過ぎには寝てしまう。

23時過ぎに私も寝る。上の子がタオルケットを蹴飛ばしていたので、かけてやろうとしたら、なんか湿っぽい。
もしや・・・、と思ったら、案の定・・・。
起こして、着替え。
珍しい。
もう1年くらい、失敗したことはなかったんだけど・・。

布団はどうしようもない。
ちょうど、妻がいなかったから、妻の布団に寝かせる。
タオルケットも妻のをかけて・・。
とりあえず、シーツを先に洗濯機へ。すすぎは翌朝へ。


そして、今日。
ひんやりした朝。天気は良い。
きのうの残り、タオルケットを洗濯機へ。
6:15に子供たちを起こす。

さっそく、昨日の布団をベランダへ。乾くかな?
子供たちは、昨日のうちに買ってきてあった、パンを朝食に。
元気に出かけていく。
なんでも、明日は土曜で休みだけど、学校で「バザー」があるらしい。楽しそうに、妻と行く話しをしながら登校していく。


日勤なので7:10には出発。
今日はちょっと忙しい。会社出発もちょっと遅れて・・・。
日中は天気も良く、日差しが当たるとまだ暑い。

そして、午後。いつものように配達しながら走っていると・・・。
とある地区を配達中・・。なんか、煙が漂ってきている。
私の会社のある地域は、工業地帯もある。
煙突の煙?と思って、ちょっと咳き込んで・・と、数軒配達していくと、なんと!

火事。
とある一戸建ての貸家から、火の手が!
真っ黒い煙がモクモク、もう部屋中に火の手が。

すぐとなりの人、すぐ裏の人は、着の身・着のまま外へ飛び出す。
誰が119したのかな?と思ったけど、なかなか消防車が来ない。
近所のおばちゃんが出てきていたので、聞いたら、どうも誰もしてないらしい。
火元のとなりの人たちは、一生懸命「家族」に電話してたみたいで・・。

近所のおばちゃんが電話して、5分くらいで消防車が。
でも、もう全体に火が回って、何かはじける音はするし、玄関からも窓からも火が出ていて、ちょっと手遅れの感じ。

野次馬の駆けつけること!
私もその一人だけど・・・。
集金中の、「しんきん」の人や、近くの工場の人、整備工場の人・・・と、次から次へと。
放水が始まった頃は、もう全焼状態。
似たような「貸家」が4件あるところだけに、延焼か゜心配だったけど、その一軒だけで済んだらしい。
どうも、住んでる人は外出中のようだけど、確認も出来ない。


・・・・・、というところで、仕事が残っていたので、復帰。
野次馬はオシマイ。

焼けたお宅には申し訳ないけど、あんまり目の前で火の手が上がるのは、めったにないことなので、じっくりと見てしまった。

そんなこともあったけど、思ったより捗って、1時間残業のところを30分で切り上げる。

昨日、会社側と協議した、協定締結の日程について、会社側から電話が・・。
あったけど、思わず怒ってしまう。

向こう側は、「仕事」として、正規の業務としてさばさばできるけど、こちらは仕事の段取りをつけたり、他の人の休みを調整したりしなくてはならない。

・・・のに、あまりに勝手な日程を言ってくるし、私の休みの日にどうか?とも言ってきたので、電話口でケンカ腰になってしまった。
 また、明日連絡が来ることになっている。

そんな電話をしていたら、ケータイが電池切れに。
ちょっと書記局へ寄ってから帰宅。

夕食は2日前のカレーの残り。
あんまり食欲もなくて、少し残す。

子供たちはもう入浴済み。上の子は「ちゃれんじ」の問題。
下の子は、キーボードを弾いている。
私も、あんまり上手じゃないけど、下の子が持って来た、音楽の教科書を見て、弾いてみる。


ドレミのうた、かっこう、君が代、壊れたクラリネット?きらきらぼし・・と簡単なものばかりだったけど、弾いてみる。
小さい頃、ちょっとだけピアノ教室に行かされてたので、右手はなんとか動いた。

おお、下の子の「尊敬のまなざし」が!
ああ、今のうちだけかも、と思いつつ、「昔取った杵柄」とはこのことか。
ちなみに、妻は、短大で幼稚園教諭の過程を取ってたらしいけど、今となっては、妻より私のほうが上手だ!

21時過ぎにみんな寝る。
明日も日勤、8:00から。

妻は休み。子供たちと学校の「バザー」に行くらしい。





































































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 今晩は、初めまして。
 珊底羅といいます。
 父親の威厳様様ですな。
珊底羅
2007/09/15 00:25
今までと会社のあり方が変ってしまうのですから大変ですよね。仕事の内容は変らないのかな?国鉄⇒JRの頃にはまだ子供だったので名前が変るくらいの認識でしたけど・・・。渦中におられる方々は大変でしょうね。
 「昔取った杵柄」子供に自慢げに披露しすぎて、何でも出来るスーパーかあちゃんに思われるのもしんどいんですよ・・・(^_^;)
サンタママ
2007/09/15 09:58
朝晩 涼しくなって 過ごしやすくなりましたね。
仕事は 言うほうは簡単に言うけど
言われたほうのことも考えてほしいですよね。
火事は 怖いですよね〜。
私なんか 外出中に「火、大丈夫だよね?」って
思うことが多くて 急いで家に帰ることもあります。
「昔取った杵柄」を「昔取った篠塚」っていって
言葉遊びをしていました〜〜。
みるきぃ
2007/09/15 10:42
火事に出会うとは、驚かれたことでしょうねぇ。誰も連絡していない…というのも、すごい話です。
体制が変わるって、そう簡単には、いきませんよ。ちょっと違うかも知れませんが、介護保険だって、見切り発車で、とんでもないことになって、現場は、てんてこ舞いしています。地方と都会でも、違うことや、あてはまらないこともあるでしょうし…とんでもない労力を使うことになりますね。
まだむ
2007/09/15 13:31
大変な一日でしたね。火事の現場に出くわしてさぞかし驚かれたことでしょう。でも消防署への連絡よりも個人的な連絡が先になっちゃうなんて・・・唖然としますよね。誰か既にしているって誰もが思ったのでしょうね。
娘さんのシーツを洗い、お布団を干し・・・・なんてこまめなんでしょう。奥様が羨ましいです。
40代乙女
2007/09/15 15:03
火事の現場ってスゴイですね。私は見たことがありませんが、見ていても怖いくらいですか?きっと私も野次馬の一人になると思ってしまいました。娘さんのお布団も乾きましたか?うちの子達もめったに失敗しないですが、何か不安なこととかあったのかしら??でも、濡れても寝ていたってことですよね?冷たくなかったのかも〜。ご苦労様でした。
みちゃ
2007/09/15 15:46
私もこの間、火事を目撃しました。息子を迎えに行く途中で、息子は電車の中で。電車の中では、ちょっとした騒ぎになってたらしいです。でも、留守の間に火事になると、ショックが二倍になりそうですよね〜。
それにしても、あんどうさんは、良いパパさんですね♪洗濯から、布団干しまで。きっとうちのパパは洗濯機の使い方がわからないと思います(^^;9
きんちゃん
2007/09/15 18:59
珊底羅さん
はじめまして。いつまで父親の権威が保てるか・・。でも、小さいうちは権威ある親でありたいと思います。

サンタママさん
こんばんは。まったくおっしゃるとおりで・・。まあなんとかなるだろう、くらいのことしか頭に浮かびませんけど。杵柄・・、いつまで効果が持続するか知りませんが、ひとつでもあってよかったと思う此の頃です。

みるきぃさん
こんばんは。ホントに朝晩は過ごしやすくなりました。火事の現場、特に出火から消火まで、というのは初めて見たので、ちょっと驚きました。
言葉遊び・・、私もやった記憶がありますね。篠塚さんが現役の時代・・懐かしいです。
あんどうから
2007/09/15 21:55
まだむさん
火元の家は留守らしくて、となりの人たちは逃げ出すことで精一杯らしくて・・。回りも、平日の日中ですから、仕事で不在が多くて・・。私も携帯持ってましたが、てっきりもう連絡してあるモノと思って。まあ、いざと言う時は、そんなものかもしれません。

40代乙女さん
こんばんは。自宅だったらともかく、周りの家の人たちは逃げるので精一杯みたいでしたし、近所の人たちは、もう『誰かが』連絡したものと思って野次馬を決め込んでるし・・。洗濯・・は、妻が夜勤なのでやむを得ないのです。
あんどうから
2007/09/15 22:18
みちゃさん
こんばんは。火事はやっぱり怖いですよ。アーっ煙が出てるぞ・・なんて思っているうちに、窓から玄関から火が出て・・。消防車が来るまでの4〜5分でほぼ全焼でしたから。上の子、もうしばらく失敗しないのに・・。やはり精神的なものから来るんでしょうね。私もそう思って、ナンだったかな?といろいろ思い出してみましたが・・。次の夜はOKでした。やはり妻が夜勤で不在だったせいかも・。

きんちゃんさん
こんばんは。火事って怖いですよね。間近で見たのは初めてだったので驚きました。火元の方は留守で、しかも貸家だったので、他人事ながら、その日から寝るところなくなってしまったろうに・・とちょっと同情してしまいました。洗濯・・は、洗濯機がやりますから、何とかなりますよ。後で妻に「ちゃんとすすいだの?」といちゃもんつけられました。
あんどうから
2007/09/15 22:25
え(゜○゜)!火事と遭遇?! びっくりですね。火元のお宅は気の毒なことですがけが人や行方不明者が出なくて不幸中の幸いなんでしょうか。
あんどうさんがピアノ教室へ・・。お嬢さんが尊敬の眼差しo(*^▽^*)o~♪
ちょっと、自慢だったのでしょう〜♪あんどうさん!(゜m゜*)
もひちゃん
2007/09/15 23:25
もひちゃんさん
火事、びっくりしました。出火直前に配達に寄って、その数分後には全体に火が回ってしまいました。怖いものです。留守宅だったのが幸いでした。
ピアノ教室、母親が無理やりに、兄貴と行かされました。下の子の尊敬のまなざし、いつまで続くかな?
あんどうから
2007/09/15 23:55
火事で思い出しました。
何年か前のことですが、家の隣の隣の家が火事になってしまいました。
夜中で、消防車も何台も来てざわついていたのに、うちの家族は誰一人気がつきませんでした。。。危険なことですよね。目が覚めないなんて!
あんどうさんって、とってもいそがしいかたなんですね。
それにお子さんの世話をこんなにしっかりとしていて、それこそ尊敬してしまいます。

きままなカノン
2007/09/16 23:00
きままなカノンさん
こんばんは。火事ってそうそうあるものじゃないから、みんな「まさか」って思うんでしょうね。でも隣家の火事は、ちょっと危なかったですね!
ハイ、ちょっと忙しいです。休みはあるけど、何だか休んだ気がしなくて・・。今は時期的にもそういう時期かもしれません。子供の世話・・小学校に上がってからは、ずいぶんラクになってきました。
あんどうから
2007/09/16 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔取ったナントカ 日常と娘ふたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる